永遠の愛を誓い合うブライダルリングとは

婚約したときや結婚するときに必要なアイテムであるブライダルリング。言葉は聞いたことがあるけれど、どのような意味なのかはっきり分からないという人も居るのです。そこでブライダルリングの基礎知識や種類、デザインや購入のポイントについて紹介します。

婚約指輪や結婚指輪などブライダルリングの購入時の参考にもなります。

ブライダルリングとは?

雑誌やジュエリーショップなどで婚約指輪や結婚指輪の特集を目にすると「ブライダルリング」という文字を見つけることがあります。また「エンゲージリング」や「マリッジリング」という言葉も目に入ってきます。色々な言葉があって分かりにくいと感じることもありますが、ブライダルリングは結婚をするときに準備する指輪全てを指し、エンゲージリングやマリッジリングはその中の一つです。

エンゲージリングは婚約指輪、マリッジリングは結婚指輪を意味します。

婚約指輪の基礎知識

婚約指輪は紀元前1世紀の古代ローマからその歴史が始まります。古代ローマでは結婚するよりも婚約することが重視されていたので、結婚することを誓い合ったカップルは婚約の儀式を行います。儀式の際に二人の強い絆を証明するものとして作られたのが婚約指輪だったのです。(関連|婚約指輪通販

当時は鉄で作られていましたが、時代と共に金で作られるのが主流となったのです。

さらにダイヤモンドなどの石が付け加えられたりとアレンジされています。婚約指輪は王族や貴族の中で使われていたアイテムだったのですが、19世紀ごろから一般市民にも広まります。日本国内に婚約指輪が伝えられたのは明治時代で、そこから結婚を申し込むときに指輪を贈る習慣になった歴史があるのです。

婚約は結婚と違って役所に届け出を出したり、何らかの法的な決まりもありません。男性が結婚をすると決めた意思を婚約指輪を通して女性に伝えることで、お互いに結婚を誓い合うという意味でも婚約指輪が重宝されています。

結婚指輪の基礎知識

結婚指輪の歴史は、古代ローマ時代にあたる9世紀から始まっています。当時のローマ教皇が何か約束をするときに誓いの印として使っていた鉄の輪っかを結婚の約束に応用したのです。日本国内に広まってからは歴史が浅いのですが、ヨーロッパでは古くから伝わる伝統として大切な儀式の一つとされています。

挙式のときに新郎新婦が結婚指輪を交換するのはこれから夫婦として歩んでいき、その誓いを指輪で表すためです。輪になっている結婚指輪は「永遠に途切れることがない愛情」を象徴したアイテムとされていて、身に着けることで相手をより強く感じることが出来るのです。

夫婦としての絆を深めて、これからも愛が続くようにと祈りが込められています。薬指にはめるのは古代ギリシャが由来で、感情をコントロールする心臓の血管があると考えられていた薬指に指輪をはめたのです。挙式当日までは婚約期間中なので婚約指輪を、挙式で結婚指輪を交換してからはマリッジリングを身に着けるのが一般的です。

どんな種類のブライダルリングがあるのか

ブライダルリングには既製品やセミオーダー、フルオーダーがあります。既製品はジュエリーショップやブライダル専門店などで販売されている商品で、既に完成している婚約指輪や結婚指輪です。ショップに行けば実物を見ることが出来たり、試着をして着け心地やサイズの確認が出来るのがメリットです。

スタンダードなデザインから個性的なデザインまで、様々な種類が揃っています。ブランドとキャラクターがコラボしていたりと、遊び心があるブライダルリングも扱っています。セミオーダーはデザインや素材、石などいくつかの組み合わせがあり、そのパターンの中から好きなものを選ぶのです。

自由に組み合わせることができ、決められたデザインに少しアレンジを加えることも可能です。ブライダルリングの出来上がりが想像しやすく、フルオーダーよりも短い期間で完成します。フルオーダーはオーダーメイドとも呼ばれ、デザインから素材、石の数など全て自分たちで決めて注文するやり方です。

完成するまでに約3ヶ月程度掛かりますが、自分たちの希望を詰め込めるのが魅力です。指輪のデザインをしたことが無いカップルでも、専属のデザイナーと相談しながらデザインを決められます。ブライダルリングのデザインの種類はソリティアやメレ、パヴェやエタニティーがあります。

ソリティアはスタンダードな一粒石の婚約指輪で、シンプルなデザインの中に一粒の石が輝くことで高級な印象です。爪で石を支えるタイプとリングの中に埋め込むタイプがあります。メレはセンターの石と0.1カラット以下の小さい石であるメレを組み合わせたブライダルリングです。

石の数がソリティアよりも多くなるので、華やかさが増します。配置や大きさ、メレの数によってデザインが異なります。センターの石が小さくても豪華に見えます。パヴェはフランス語で石畳という意味で、小さな石を石畳のように敷き詰めるのです。

エタニティは同じ大きさの石がリングの縁に並べてあり、途切れる様子が無いことから永遠を意味します。繊細な印象ながらゴージャス感もあり、結婚指輪と婚約指輪の重ね付けにも便利です。

ブライダルリングを購入するときのポイント

ブライダルリングを購入するときにはカタログや雑誌を見てある程度どのような種類のものが欲しいのか考えておき、イメージが固まってきたらジュエリーショップやブライダル専門店に足を運びます。事前に予約しておけば混雑時でもスムーズに見られますし、お店によっては予約特典がついてくる場合もあるのでお得です。

スタッフにどのようなブライダルリングが欲しいのか、石の大きさや数、デザインなどを相談します。すると希望に当てはまるリングを紹介してくれたり、二人にぴったりな指輪を見せてくれます。スタッフは二人のファッションや人柄などから似合うブライダルリングを紹介してくれるので、その意見も参考にするのもポイントです。

セミオーダーやフルオーダーの場合は専属のデザイナーと相談して、デッサンで形を確認しながらデザインを決定する流れです。予算を伝えれば、その範囲内で出来るデザインも提案してくれます。また試着したら手元ばかりを鏡で見るのではなく、全身を映してバランスを見ることで本当に似合うブライダルリングが分かります。